人の命や財産を災害から守る仕事に誇りを持っています。

田前 孝雄さん (設計/平成24年入社)
インタビュー01

●入社のきっかけ、職場の雰囲気などについて
お聞かせください。

もともと環境問題に関心があり、大学は農学部に進学しました。そこで農業土木について学んだところ、予想以上に面白く、のめり込んでいきました。 就職するなら地元と決めて就活。大学で得た知識を活かせる地元企業が、まさにこの会社だったのです。

職場では、みんな和気あいあいとしています。仕事は基本的に一人でこなすものですが、困ったことがあれば、お互いに助け合っています。 そういう雰囲気だからこそ、大変な時も頑張れるのだと思います。

●仕事のやりがい、目標についてお聞かせください。

先輩の補助や、小さな現場を回りながら、少しずつ業務の知識を身につけるので、新卒でも経験がなくても心配はいりません。 僕は入社前に、独学で土木関連の科目を学びました。受け身ではなく、自分で調べて足りないところをまた調べるという習慣の方が、後々役に立ってます。 自主的に学ぶ習慣は、知識を深めるばかりでなく、我慢強さにもつながります。

また、仕事をする上で、社内外との連携は不可欠です。人とのつながりを大切にし、人と話すのが好きであれば、ここでの仕事は向いていると思いますよ。

インタビュー02

●これから入社をする方へのメッセージをお願いします。

まだまだ分からない事がたくさんあるので、仕事を通して経験を積んでいきたいです。また、擁壁(ようへき)などの講習に参加して、もっと専門知識を身に付けたいです。

未経験だと不安かと思いますが、先輩たちが丁寧に教えてくれるから大丈夫ですよ。私たちの仕事は、スピードを求められることが多いのですが、急いで間違えるよりも、 きちんと理解して取り組むことが大切です。少しずつ学んだことが経験になりますよ。

★社長からの「ほめポイント!」

入社時からすぐに優秀さを発揮し、今では期待を上回る仕事ぶりの彼は、数少ない新卒採用。 スポーツレクレーションなども常に好成績で、その運動神経の良さが、仕事への感の良さや、さらなる研究意欲に繋がっているのでしょうね。